個人再生のメリット・デメリット※失敗しないための個人再生ガイド

個人再生のメリット・デメリット※失敗しないための個人再生ガイド

個人再生のメリット・デメリット※失敗しないための個人再生ガイド

個人再生は、住宅を手放さずに手続きができる債務整理できます。
それでいながら借金を原則5分の1まで減額できるので、大きなメリットがある方法と言えるでしょう。
しかし住宅を手放さずに借金を減額できる個人再生にも、デメリットはあります。
個人再生のデメリットのひとつは、新たな借り入れができなくなることでしょう。
裁判所で個人再生の手続きをするとブラックリストに登録されるので、今後5年以上はローンを利用できません。
ローンだけではなくクレジットカードも利用できないので、普段の生活にも影響を及ぼします。
しかしブラックリストに登録されるデメリットは、個人再生に限らず債務整理をすると必ず受けるデメリットです。
債務整理をする以上、避けることができないデメリットといえるでしょう。
個人再生のデメリットには、住所と氏名が官報に掲載されることも挙げられます。
官報に掲載されると他人に個人再生したことがバレる可能性が高まるので、気になる人も多いかもしれません。
しかし一般的に官報は、多くの人の目に留まるわけではありません。
後から調べられてしまう可能性はありますが、官報からバレてしまう可能性は、それほど気にする必要はないでしょう。
このように、手続きをしたことによって受けるデメリットはそれほど多くなく、生活に与える影響も大きくありません。
むしろ住宅を手放さずに大幅に借金を減額できるので、メリットの大きい方法と言えるでしょう。